美容液の役割

目元

保湿をする為に役立つのが美容液です。美容液にも様々なものがあり、保湿系や美白系、悩みに特化したニキビ用や毛穴用など、種類が豊富です。乾燥肌の場合には、高保湿なタイプが向いています。また、外せない成分として、セラミドがあります。 肌の細胞間脂質の多くを占めている成分で、水分を抱え込んで保湿をして、外的刺激から守る役割をしています。 乾燥肌はこのセラミドが不足することで起こるので、化粧品などでセラミドを補うのが効果的です。 そのため、セラミドが配合されているもので肌に合うものを選ぶのた良いでしょう。保湿をするのは、顔の周りだけでなくボディもする必要があります。乾燥肌の場合は、美容液などでボティを補ってあげましょう。そうしてあげることで、美白のボディを作ることができるのです。

乾燥肌の特徴として、肌の水分量が低下していて肌のバリア機能が弱まっています。 そのため、化粧水で水分を与えるのはとても重要なのですが、それだけではすぐに水分が蒸発してしまいます。 高保湿な化粧水でもほとんどが水分なので、保湿成分は美容液で補ってあげる必要があります。 美容液には保湿力を高める様々な美容成分が配合されていて、乾燥肌改善に大きく役立ちます。 また、与えた水分や栄養分を逃さないためにも、油分でふたをするというケアも重要です。 肌の乾燥は皮脂不足も関係しています。皮脂は肌の表面に皮脂膜を張って、潤いを逃がさず外的刺激から守る役目もしています。不足している皮脂の代わりとなるのが油分で、肌のバリア機能回復のためにも、油膜を張って肌を守る必要があります。

Copyright© 2017 ゲルマニウム化粧品で若々しい肌を取り戻そう All Rights Reserved.